ラオス・ルアンパバーンのプーシーの丘散策

ラオス・ルアンパバーンのプーシーの丘散策

ルアンパバーンの街を造った2人の仙人の伝説から、仙人(ルーシー)の山(プー)と名付けられたと言われています。ルアンパバーンの有名な観光スポットでもあり、ラオス人にとっても参拝に訪れたり、仏教行事を執り行ったりする宗教的・文化的に重要な場所です。

プーシーはルアンパバーンの街中からは比較的どこからでも目に入ります。
遠くからでもChom Si 仏塔はよく見えます。

基本情報

場所:Phou Si (google map)
入場料:20,000 LAK
チケットの販売時間:日の出から日の暮れくらいまででしょうか。決まった時間はなさそうな気がします。

頂上からは世界遺産に登録された町並みやメコン川およびカーン川を一望できます。特に夕日のスポットとして様々な旅行サイトや本で紹介されています。特に観光シーズンである11月から4月の夕暮れ時は夕日を見ようと訪れる観光客でごった返します。人混みが苦手な方は要注意です。

ただ、個人的には雨季のプーシーのほうが好きです。樹々の緑の中を散策するのは情緒があります。あまり込んでいないものよい点です。

登頂ルート

頂上まで登るルートはいくつかありますが、ポピュラーなルートは王宮博物館方面とその反対側のカーン川方面の2つのルートでしょうか。ここではその他に比較的わかりやすいルートを2つ追加しています。ルート3と4は最終的にルート2に合流します。

ルート1:王宮博物館方面
ルート2:カーン川方面
ルート3:Siphoutthabath寺方面
ルート4:ダラマーケット方面

各ルートは写真付きで解説しています。
タブをクリックすると詳細が開きます。

ルート1:王宮博物館方面

王道のルートですね。
ルート1のスタート地点:Point 1 (google map)

王宮博物館を見学した後にプーシーを散策するというコースもよいと思います。
王宮博物館の記事については以下のリンクからどうぞ!

ラオス・ルアンパバーンの王宮博物館案内

写真の左手奥から登っていきます。
雨季は樹々の緑が映えますね。
チケット売り場は中間地点にあります。
さらに道なりに登っていきます。
金色のChom Si仏塔が見えてきたら頂上です。

ルート2:カーン川方面

こちらもアクセスしやすくて人気のルートですね。夕方はプーシーの日陰になるので、直射日光をあまり浴びなくてすみます。
ルート2のスタート地点:Point 2 (google map)

ここがカーン川方面の入口です。
階段は割と急めです。
写真の場所は電線が頭上を走っていてちょっと怖い。。
突き当りをそのまま直進してもよいですが、
この辺りの経路は入り組んでいるので、
仏像などを見ながら周囲を散策しても良いですね。
頂上に奥にはチケットを購入する必要があります。
チケットを購入したらこの階段から上を目指します。
ラオスの仏像は金色が多いです。
途中にいくつか見られます。
まだまだ階段を登ります。
頂上が見えてきました。
ここで王宮博物館方面とのルートと合流します。
真っ直ぐ行くと展望エリアですね。

ルート3:Siphoutthabath寺方面

人混みに揉まれず落ち着いて登れるので、個人的にはここのルートが一番好きかも。ルート2でも同じものが見れますが、岩窟に収められている仏像やナーガの装飾などを見やすいのもこのルートの良い点です。
ルート3のスタート地点:Point 3 (google map)

スタート地点は Siphoutthabath寺の入り口です。
ここのゲートは6時半から21時までしか開いていないようです。
Phu Siの看板が木に打ち付けてあるのでその方向に進んでいきます。
この道を真っ直ぐ進みます。
お堂が出現しますが、その脇を進みます。
先程のお堂の裏に階段がありました。
日本人が寄贈したとの看板が!
何を寄贈したのかは分からずじまいでしたが。。
この階段を登ってゆきます。
こういう感じの階段は趣があって好きです。
通路の両サイドはナーガ(蛇神?)の装飾が施されています。
分岐を無視してひらすら進んでいくと、お堂が出現します。
さらに進むとチケットオフィスです。
あとはルート2と同じです。

ルート4:ダラマーケット方面

ダラマーケットの横にある路地からスタートします。このルートはちょっとわかりにくいですが、裏道みたいで楽しいですよ。ただし、民家の間を抜ける道なので、地元の方に迷惑の無いように通りましょう。
ルート4のスタート地点:Point 4 (google map)

なお、Dara Marketはここです。
Dara Market (google map)

ダラマーケットの横にある路地からスタートします。
突き当りを右に曲がります。
なお、左の道は伝統芸術民族センターへ繋がっています(おまけで後述)。
この道を真っ直ぐです。
突き当りはL字になっていますので、道なりに曲がって直進です。
さらに突き当たりに、青い看板が見えます。
看板にしたがって右に曲がります。
階段を登ります。
フェンスが出現するので、これに沿って進みます。
少し開けたところに出ます。
そして再び木立の中へ。
オレンジ色の袈裟をまとった僧侶も歩いていました。
木立を抜けると建物が見えてきました。
少し歩くとチケット売り場につながっています。
あとはルート2と同じです。

おまけ: ダラマーケット方面から伝統芸術民族センターへ

ダラマーケットの横の路地からは伝統芸術民族センターに行くこともできます。
ルート4のスタート地点:Point 4 (google map)

伝統芸術民族センターの記事は以下からどうぞ!
ラオス・ルアンパバーンの伝統芸術民族センター(TAEC)

先程の分岐を今度は左に曲がります。
基本的には青色の看板に従って進めばOKです。
軒先から看板が吊り下がっていました。
民家の路地裏を抜けてゆきます。
路地は途中でちょっとくねりますが、直進です。
路地を抜けた正面の建物がそれです!
到着!

頂上周辺の写真など

頂上周辺の写真などを並べています。

頂上には金ピカのChom Si 仏塔があります。
ルアンパバーンの町並みが一望できます。
雨季に撮ったので右手を流れるのメコン川の水量が多いです。
これもいつかの雨季に撮った写真。
王宮博物館が樹々の向こうに見えます。
夕日の名所のため、夕暮れ時が近づくと混みだします。
乾季の観光シーズン(11月~4月)は特に混雑します。
日が落ちると山間の向こう側が赤く染まります。
夜の帳が降りてきました。

最後まで読んでいただきありがとうございました。皆様の観光の参考になれば。