マケドニア・スコピエの公共バス乗り方ガイド

マケドニア・スコピエの公共バス乗り方ガイド

スコピエ市内および郊外にはJSP(マケドニア語ではЈCПと表記される)という公共バスが走っています。赤い車体が多いですがそのほかの色もあるみたい。ロンドンバスのような2階建てタイプもよく見かけます。

バスに乗るにはクレジットカードと同じくらいのサイズ・厚さのプラスチックのカードが必要です。カードはバスに初めて乗車したときに運転手に言えば販売してもらえるらしいですが、バスセンターで買うのも面白いです。というのもバスセンターには使わなくなったバスがカードの販売所として機能しています。趣がありますね!

スコピエ市内のバスセンター入口です。鉄道の高架下にあり、ちょうど真上がスコピエ駅です。隣にはガソリンスタンドがあります。

Skopje bus center (google map)

これがバスカードの販売所です。わかりやすい!

カードはスコプスカ(СКОПСКА)という名前で、いくつか種類があるみたいです。買いやすいのは150ディナール(300円くらい)でしょうか。3回分乗車できます。それ以降は1回分35ディナールで街中にある緑色券売機でチャージできるらしいですが、未検証。。。

私は郊外のマトカ渓谷にも行きたいことを伝えると、450ディナール(900円くらい)で12回分乗れるカードを売ってくれました。

パスポートを提示して、その場で証明写真を撮れば(窓口に小型カメラあり)、1ヵ月分乗り放題のカードも購入できるらしいです。こちらは19時で締め切りなので、興味のある方は早めに行ってみてください。市内用は1ヵ月で1,400ディナールとのこと。

蛇足ですが、マケドニアで有名なビールの銘柄にスコプスコ(СКОПСКО)というのがあるんですけど、何か関係あるのかな??

なお、観光向けのバス路線は以下のとおり。

18: アクアダクト(詳しくはこちらの記事で)

25: ボドノ(詳しくはこちらの記事で)

60: マトカ(詳しくはこちらの記事で)

65B: Tumba Madzhari遺跡(詳しくはこちらの記事で)

ローマ時代の遺跡であるScupiもスコピエ郊外にあるらしく、バスで行けるっぽいですが、時間が取れずまだ行けていません。残念。

バスは基本的に時間どおりに運行するので、英語表記ではないですが、JSP Liveというバスアプリを入れておけば役に立ちます。ただし、予めインプットされている時刻表に沿って表示をしているようで、多少遅れたりしてもリアルタイムに反映されてないというデメリットがあります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さまの観光の参考になれば。それでは楽しいバスライフを~!