マケドニア・スコピエのTumba Madzari遺跡探訪

マケドニア・スコピエのTumba Madzari遺跡探訪

マケドニアの首都スコピエの中心街からみて北東に位置するTumba Madzari遺跡にバスで行ってきました。それほど観光地化されていないので、見つけるのになかなか苦労しましたが、新石器時代の村に迷い込んだかのような感覚を味わえるOpen Museumとなっているので、興味のある方は行ってみてください。

概要

遺跡の発券されたところに先史時代の村を復元したみたいです。open museumを謳っているだけあって、本当に新石器時代の村を再現していました。

場所:Tumba Madzari (google map)

入館料:無料(2018年11月時点は無料でした!)

休館日:月・火およびマケドニア祝日は休館日です!!

開館時間:

水~金:8:00 – 14:00

土:10:30 – 17:30

日:10:30 – 17:00

行き方

はい、ということでいつもの公共バス (Public Transport Enterprise) で行きます。手っ取り早くタクシーでもよいと思います。ツアーとかもあるのかな?

バスで行く場合は65B系統です。JSP Liveというアプリで確認してみると、65B系統って結構分岐しているんですね。ただ、ТР.ЦЕНТЕР (バスセンター) から発車する便であればどれも遺跡近くのバス停まで行くルートでした。下の画像だと青枠の中の便です。

下が切れてしまていたのでもう一枚スクショ。

例えば、一番下の青枠部分をタップすると以下のような画像になります。0050はバスセンターのバス停IDのようです。下のキャプションは位置情報をOnにしていなかったので、バス停までの距離がすべて0mになっていますが、Onにしておけば最寄りのバス停までの距離も表示されます。

さらに、右下の丸いオレンジのアイコンをタップすると便のバス停の位置がずらりと表示されます。

普通のgoogle mapと同様に拡大できます。

さらに拡大して、Tumba Madzhari遺跡近くのバス停を確認しました!

各バス停にもIDとバス停の名前を確認できます。私はマケドニア語を読めませんが。。。

念のためほかの便もすべて確認しましたが、どれも遺跡の近くのバス停を通っています。これならバスで行けそうです!例えば下のキャプチャは青枠のうち下から2番目の便です。

やはり遺跡に近いバス停を通ります。

便も確認できたところで、バスセンターから乗ることにします。

バスセンター:transportation center (google map)

0050のバス停を選ぶと、直近に発車するバスを確認できますね。例えば下の画像だと65B系統の発車は16分後です。

微妙にイレギュラーな場所にバスが停まっているので最初は気が付きませんでした汗。他のバスは停車位置に斜めに停まっているのに、65B系統のバスは路駐しているかのよう。

Google mapを見ながら降りる他バス停を見極めます!ちなみにJSP Liveでも位置情報をOnにしておけば自分の位置が青いアイコンで表示されます。無事目的地で降りることができました。バスさん、ありがとよ~達者でな~

遺跡はバスが去っていった方向とは反対方向です。ここから徒歩で遺跡に向かいます。地図だと10分弱くらいです。

さて、ここからが難しいのだ。私は散々迷った挙句ようやくたどり着きました。以下に正解のルートと一連の写真を載せておきます。上の出発点がバス停です。スマホのスクショだとうまく取れなかったのでPC版を載せておきます。赤と緑と黄色の丸に注目!後で解説します。

まず、最初の交差点を南に曲がります上記のルートで言うと赤丸です。こちらの通りを歩いていくことになるはずです。

途中市場があり、リンゴを1つ買ったら10 MKD(20円くらい)でした。。。安すぎない??

しばらく歩くとT字路が見つかると思います。ここから左に入っていきます。上記Google mapルートの緑丸の位置です。

右手は空き地になっていました。

さらにもう一つのT字路を右に曲がります。Google mapルートの黄色の丸のところです。目印はこの看板。

住宅街に入っていきますが、この道であっています。

さらに進みます。

黄色の柵を左手にさらに進みます。本当にこんなところに遺跡なんてあるの?

左手の柵がなくなると、そっれっぽいものが見えました!

ここであっているようです!なかなか分かりにくいところにありますね~

Tumba Madzari

日曜日だというのに人っ子一人いません。あれ、今日はやってないのかな??と思ったら管理人のおっちゃんがお昼ご飯を買って帰ってきたとこでした。よかったよかった。私は休館日を知らずに来てしまいましたが、来るときは事前にチェックしておきましょう!また、館内?はタバコ、ペット、飲食物の持ち込みは禁止みたいです。

あとは写真を並べています~

本当にひとつの村みたいになっています。

なんとそれぞれの家の中には人の模型もあります!

水牛の乳しぼりでしょうか。

織物??

ごはんの支度かな?

ヤックル?!

火をおこしているところ?妙にリアルに作られていますね。

イチョウの木を日本以外で初めてみました。

展示館みたいのものもあり、説明パネルもありました。

結構作りこまれていることに驚きました!マケドニアにはそれなりに遺跡が残っているのかな?私は考古学さっぱりですが、なかなか楽しめました。日曜なのに全く観光客がいないところにもちょっと驚きでした。来るなら開館時間の長い土日が良いですね。

帰り方

帰りはこちらのバス停が近いです。バス停の番号は0578でした。JPS liveで確認するときは参考にしてください。

バス停番号から0578を選ぶと直近のバスが来る時間がわかります。

大体どれもТР.ЦЕНТЕР (バスセンター) 行きですね。

0578バス停の位置と写真を載せておきます。

場所:0578 (google map)

写真の赤丸がバス停です。

運よく来たバスに(しかも65番)に乗りました。大体のバスはバスセンターに向かうのでそんなに心配しなくてもよいかもですが、何のためJPS Liveで確認したほうが良いです。あとは終点のバスセンターまで揺られてました。

最後まで読んでいただきありがとうございます。皆さまの観光の参考になれば。