ラオス・ヴィエンチャンの公共バス乗り方ガイド

ラオス・ヴィエンチャンの公共バス乗り方ガイド

ラオスの首都ヴィエンチャンを走っている公共バスの乗り方を説明しています。特に近年は日本の援助でバスの運行などが整備されつつあるようです。以下の内容は2018年8月現在の情報です!

概要

ヴィエンチャンの公共バスは国営企業であるヴィエンチャンバス公社が運営しているようです。ラオス語と英語表記ですが、以下のサイトに市内バス、都市間バスについても記載があります。

ヴィエンチャンバス公社:vientiane city bus

上記サイトにだいたい情報は載っていますが、市内バスの従来路線と新路線に分けて一応説明したいと思います。なお、路線図はヴィエンチャンバス公社のウェブサイトからダウンロードできます。

路線図:vientiane city bus route map

従来路線

タラートサオモールの裏にある Central Bus Station (CBS) を起点としたバス路線です。CBSのバス停はCBS-1とCBS-2に分かれています。マップ上の名称と一致していませんが、場所はだいたいあっています。

CBS-1 (google map)

CBS-2 (google map)

路線名には番号が振られており、料金は各路線ごとに運賃が固定されています。だいたい60円から200円です。CBSでも路線図の看板を見ることができます。観光客がよくつかうのはタイ友好橋とブッダパークに行く14番線でしょうか。バスでブッダパークに行くならこちらの記事を参考にしてみてください。

新路線

ワッタイ国際空港とCBS、そして国際展示場とショッピングモールが併設されている Lao ITECCを結ぶ路線です(ITECCって何かの略なのかな?調べても出てこなかった汗)。

ヴィエンチャンバス公社のウェブサイトからダウンロードできる路線図によるとCBSと空港を結ぶ路線が44番線、CBSとLao ITECCを結ぶ路線が10番線となっているようです。ただ、この新路線に関しては路線図と時刻表が別途作成されているので、そちらのほうが見やすいですね。

新路線:airport shuttle – lao itecc – cbs line

路線図と時刻表

そして、この路線にはなんと京都市バスが活用されています!!おそらく、京都市の中古バスをラオスに譲っているものと思われます。ヴィエンチャンで京都バスを見かけると日本人としてなんだかくすぐったい感じです。

これまではもっぱらタクシーかトゥクトゥクだった空港 – 市内もバスが整備されたことで安く移動できるようになりました。簡単に料金を比較すると、軽く3分の1にはなります。もちろんバス停とホテルの位置なども勘案しないといけないので、手放しでは喜べませんが。

  • 空港タクシー:57,000 LAK ~
  • トゥクトゥクの相場:50,000 LAK
  • 空港バス:15,000 LAK

そして、私の予想以上に時刻表どおりに運行しています!さらに、バスにはポケットWifiが置いてあるのでインターネットも使えるという便利さ。素晴らしいですね!

なお、新路線のバスはCBSでは常にここに停車します。昔のバス停は廃止されているので注意!

バス停:bus stop airport shuttle – lao itecc – cbs line

Lao-BusNavi

さて、上記バスの運行状況はLao-BusNaviというサイトないしはアプリで確認することができます。GPSを用いてバスの位置を「リアルタイム」でネット上に反映しているみたいです。ただ、まだ開発途中?の部分もあるようで、すべてのバスの運行状況が反映されているわけではなさそうです。

Lao-BusNavi (web)

Lao-BusNavi (google playのアプリ)

Web版のスクリーンショットを載せておきます。全部の路線を表示させているのでちょっとごちゃごちゃしていますが、路線をクリックするとその路線の情報がポップアップされるので、selectをクリックするとその路線のみ表示させることができます。あるいは上部のプルダウンから表示させたい路線を選べます。

こちらはアプリのスクリーンショットです。じっと見ているとバスのアイコンがちょびっとずつ動いているのがわかります。もちろんインターネット接続が必要ですけども。

私が触ってみた感じをまとめると、

  • ズームするとバス停の位置を確認することができ、バス停のアイコンをクリックorタップするとバス停周辺の写真がポップアップする(ウェブ版・アプリ版共通)。
  • バスの位置がリアルタイムで反映される(ウェブ版・アプリ版共通)。
  • バスの速度および交通速度を確認できる(ウェブ版のみ)。
  • すべての路線を表示しているときに、一つの路線をクリックすると路線の価格がポップアップで表示される。さらにselectをクリックすると、その路線のみが表示される(ウェブ版のみ)。

特に従来路線は時刻表がどこにあるのかわからないので、個人的には重宝しています。ただし、2018年8月現在アプリはアンドロイド用しかリリースされていないようです。

また、バスを利用したヴィエンチャン観光記事も作成しているので参考にしてみてください~

ラオス・ヴィエンチャンのブッダパーク行き方ガイド

ラオス・ヴィエンチャンのパトゥサイとタットルアン観光コース

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。皆さまの観光の参考になれば。